オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
不動産売却の今後
家の模型

皆さんはどのような家にお住まいでしょうか。
一軒家やマンション・アパート、賃貸や持家など形式は様々だと思います。
そんな色々なものの中から、ここでは一軒家についてお話ししていきます。
一軒家は正式には一戸建てと呼ばれており、不動産の一つです。
このような一軒家は一昔前では夢のマイホームとして人気を博していました。
その後は都心よりの高層マンションに注目が集まり、近年では再び一軒家の人気が戻ってきたようで、激安一戸建てとして売られているものから分譲のものまでかなり手軽に手に入れることが出来るようになったと思います。
そんな手軽に手に入れることが出来る様になってから将来はその家の行き先が、おそらく売却という道を歩むことが多くなるのではないでしょうか。
一概にはそうは言えないかもしれませんが、一軒家が乱立していて買い手が飽和状態になっているのも事実です。
次に、住宅を売却する上で注意しなければならない点をご紹介します。

不動産売却の注意点

不動産とは、マンションや一軒家、または土地のことを指します。
その売買の仲介に存在するのが「不動産屋」です。
それはピンからキリまであるので、運が悪いとあまり良い対応をしてくれないこともあります。
さて、一軒家の中古の売買に気を付けなければならない点はまずは築年数です。
高く売却するためには、その築年数が新しければ新しいほど有利になってきます。
というのは綺麗というのも一つポイントですが、耐震性についても重要になってきます。
昭和56年以降に建てられたものだと建築基準法の改正に伴い、耐震性が保証出来るものとなります。
あとは地盤です。
軟弱地盤の上に立っていたり、川沿いの立地だとやはり耐震性に難がある場合があります。
しっかりと地盤改良をしてあるかなどの経緯をはっきりさせることで売値が上がるかもしれません。
その他にも不動産売買についての注意点は色々とありますが、インターネットでも簡単に検索も出来ますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。